神奈川県

令和3年度 表丹沢林道改良工事(公共)その2
の お 知 ら せ

丹沢大山国定公園と富士山
県立秦野戸川公園と丹沢大山国定公園
表丹沢林道 工事施工箇所
林道より新東名高速道路を望む
表丹沢林道 工事施工箇所
表丹沢林道 工事施工箇所
プライムコート工
砂散布転圧工
アスファルト舗装工
アスファルト舗装工
かながわの水源林
秋の丹沢大山国定公園と富士山

工 事 案 内
工事件名: 令和3年度 表丹沢林道改良工事(公共)その2
工事場所: 神奈川県秦野市戸川地内ほか
工事内容: 林道改良工事 1式
発 注 者 : 神奈川県湘南地域県政総合センター
工  期: 令和4年1月27日~令和4年5月31日
森林の役割と林道工事の目的


























・ 森林は、木材を供給するとともに、水源のかん養や 山地災害の防止 など様々な公益的機能を持っています。 そして、林道は、森林から伐り出した木の効率的な搬出や 間伐等の適切な森林整備を行う人や 資材の運搬など、林業活動のための道として設置されています。

・ 森林からの木の搬出は、古くは河川を利用した流送や 牛馬を用いた陸送などで行われていました。 陸送を担う林道は、昭和30年代からトラック輸送が 主流となったことと並行し自動車道としての整備が進みました。

・ 林道の整備により、自動車で搬出現場近くまで移動することが可能となり、荷物運搬の労力軽減や移動時間の短縮など、林業の作業効率が向上し、水源かん養機能の維持・強化、より高品質な木材生産を可能としました。 また、林道は、山村の生活環境の改善や地域振興等の役割も担っています。

・このように林道は、健全な森林を守り、利用するための手助けをすることで、
        県民の皆様の安心・安全、生活を豊かにする ことに役に立っています。

・上記等の事由により 本工事は、「森林の維持管理、保守安全を担うため」林道の改良整備を行う工事です。

詳しくは 神奈川県 環境農政局 緑政部森林再生課
工事箇所図(神奈川県観光協会 丹沢大山 GUIDE & MAP 参照) 
        及び 県営林の通行について (下のバナーをクリックしてください)
• 表丹沢林道は、法面や路肩が数カ所で崩落しており危険なため、起点(県道70号側)~桜沢林道との交点まで、また舗装工事のため、終点~萩山林道との交点まで
         「徒歩を含め通行止め」です。
• 交通規制はありませんが、施工中は、工事車両の出入り、通行がありますので十分に注意してください。
• 安全には、十分気を付けて作業しておりますので、しばらくの間ご協力をお願いいたします 。